丸印・角印はどういう場面で使われるのか

角印イメージ

会社用の印鑑って、大きく分けると「丸印」と「角印」に分けられることを知っていますか?
たぶん、日頃目にする領収書なんかには、角印が押してあるはずです。
角印の中を読んでみると、会社名が書かれているものが普通です。

では丸印はどういう場面で使われているのかといえば、例えば確定申告で住宅ローン控除を受ける人なんかは、ローン残高証明書に使われている印鑑が高確率で銀行の丸印なんじゃないかしら?

丸印は、二重丸になっていて、外側の丸の中には会社名や法人名が書かれ、内側の丸には役職名なんかが書かれているものです。
特別どこかで決まりがあるわけではないのだけれど、角印は社名しか入っていないので、わりと軽い書面に捺印される会社の印鑑で、丸印には役職名が記載されている事が多く、責任の所在を明らかにしている分、より重要な書面に捺印される、という使い分けがされているんですね。

実際、会社設立の際に登記に使用する印鑑は、普通丸印です。
中には「代表取締役印」とか「代表者印」とか、法人ならば「理事長印」なんて書かれることもありますが、いずれもその団体のトップである人の印。
漠然と「会社」の印鑑ではないんです。

会社で銀行印を作る場合にも、やっぱり丸印。
普段の領収書や見積書や社外文書には角印を押すけれど、もうちょっと重要な取引では、やっぱり丸印が使われる、という暗黙の了解があるんですね。
こういう使い分けって、法律だけを追っているとなかなかわからないものかもしれません。
慣習もまた大事なんですよね。

〔お気に入りWEBショップのご紹介〕

早い・安い・高品質の三拍子が揃った印鑑通販専門店【ハンコヤドットコム】
個人印鑑はもちろん、会社設立印や事務処理で使うゴム印・スタンパーまで、お客様の目的にあわせた商品を、豊富にお取り扱いしております!
商品のお届けまで心を込めて対応させていただきます。

ページの先頭へ